海外からWeb制作のお仕事をいただいて感じたこと

Pocket

ワーキングホリデーで滞在していたトロントの企業から、
ご依頼いただいたお仕事の納品が完了しましたー!

本業との両立が大変な時もありましたが、無事納められてほっとしております。
帰国後初めての海外でのお仕事について書き綴りたいと思います。

 

制作したサイトの概要

  • クライアント:カナダのトロントにある、日本人のカナダ移住・留学サポート全般を行っている企業様
  • 新規事業開始に伴い、Webサイト3つ立ち上げるのをお手伝い
  • 15P前後の小規模サイト、PC版のみの静的ページ
  • デザイン・コーディングを担当(サイトマップ・原稿はご提供)
  • カナダへの親子留学(30〜40代親向け)、高校留学(高校生&保護者向け)、カレッジ留学(20〜30代女性向け)の3サイト

きっかけ

出会いはトロント滞在中

このクライアント様との最初のお仕事はトロント滞在中でした。
クラシファイドサイトで、Webデザイナー募集の投稿を見て、それに応募。
その際に、サイトを1つ作成させていただいたのが出会いのきっかけでした。

遠い異国の地で初めての個人事業。しかも対企業。
スーツもなければ、靴もビンテージの革靴(通称ボロ靴)しか持っておらず、
お打ち合わせで会社にお伺いした時は、正直不安でいっぱいでした。

契約書や見積などの正式なフォーマットすら持っておらず、すべてが手探りの状態。
その頃ちょうどカフェでの仕事も決まり、昼〜夕方までカフェ、
仮眠を取ってから深夜にかけてWebの仕事という二重生活を送っていたのが懐かしいです。

帰国後、はじめてのご依頼

帰国してちょうど一年経ち、カナダでの記憶も遠のきはじめて、
なんだか寂しいなあと感じていた頃、新規サイトを立ち上げたいとのメールをいただきました。

前回制作したサイトをとても気に入り、また制作をお願いしたいとのこと。
この文面を目にし、本当にデザイナー冥利に尽きると思いました。とーっても嬉しかったです。

時差が本業との両立のカギに

前回は直接顔を合わせてお話する機会がありましたが、
今回は日本とカナダなので、お会いして打ち合わせることは困難です。

そこでお打ち合わせはSkype、やりとりは全てメールやクラウドサービスで行っていました。
カナダと日本はちょうど昼夜が逆転している時差なので、
本業が終わって帰宅すると、先方はちょうど営業時間中で
リアルタイムでのやりとりには、時差に助けられました。

ちなみにカナダは日本から半日遅れなので、
スケジュールがちょっと厳しいかも〜なんて時に、この半日の時差に救われたりもしました(笑)

よかったこと

また声をかけていただけただけで、この上なく嬉しいことでしたが、
制作を通してたくさんいい経験ができました。

ガッツリ実制作ができた


カレッジ留学のメニューパーツ。CSS3のアニメーションタグに初挑戦

本業ではディレクションメインで、デザインも最初のベース作りだけで、
あとはデザイナーさんやコーダーさんにお願いすることが多く、
ガッツリと制作することからしばらく離れていました。

しかし個人になれば、見積やスケジュール調整などのディレクションはもちろん、
デザイン、コーディングなどの制作もすべて一人でやらなければなりません。

特にコーディングは、本業で携わることがほとんどなくなってしまったので、
いいリハビリ&CSS3など新しい技術にチャレンジする良い機会となりました。
ちょうどディレクターになった頃に、HTML5とCSS3が普及し始めたから、
理解こそしていても、自ら書くことってほとんどなかったんです。

あと久しぶりに自分でやってみると、すごく大変で、
制作スタッフにあんまり無茶言わないようにしようと思いました(笑)

大好きなカナダに、再び触れられることができた


トロントの街並み。実はこのブログのトロントの記事に掲載する写真素材を提供してもらったりもしました。

提供いただいた原稿や写真を見て懐かしいなー、とか、あれ私が居た頃と変わってる!なんて発見もあり、
またカナダの景色や情報を見ることができたことと、
なによりトロントで出会ったご縁が、帰国して1年経った今も続いているということが、嬉しかったです。
トロントに行って本当によかったなあ、と改めて実感しました。

休日もパソコンを開く習慣ができた

平日は一日中パソコンに向かっているので、休みの日はほとんどパソコンを使うことがなく、
勉強家とは程遠い私でしたが、本業が過渡期だったこともあり、今回はほぼ土日に作業をしていました。

おかげで、オフの時もパソコンを開く習慣ができ、こうしてブログも開設することができました♪

迷ったことや心配だったこと

見積・支払いなどの手続き

お客様はカナダの企業なので、見積などはすべてカナダドル換算。
しかし受け取るのは日本の口座になるため、
両替や海外からの送金受取の手数料、そしてレートも相成って
請求まわりは色々変動がありました。

見積はカナダドルで作ったけど、領収証は日本円???など迷う場面も多々ありました。
それに、双方にとってもっと良い送金方法もあったのでは?など今後の課題も生まれました。

本業の過渡期とバッティング

ちょうど年度末だったこともあり、平日は午前様、
土日もこの仕事のためパソコンをにらめっこ…なんて時期もありましたが、
普段と変わらず毎週のように飲み歩いてましたし、GWは旅行もできました!
無理なく、ストレスなく進めるために、スケジュール管理って大事だな、と改めて実感しました。

まとめ

「何事も行動あるのみ」

今回こうしてお仕事をいただけて、
あのとき異国の地で、不安もあったけどチャレンジして本当によかったと思いました。

 

余談ですが、このお仕事をいただく数週間前に先代のMac Bookが壊れたんです。

本文中に書いた通り、プライベートでほとんとパソコンを使うことがないし、
買うならMac Book Proの15インチが欲しいけど高いし…と、買い換えるか悩んだのですが、
たまたまその時期に会った、行動力のある友人に背中を押されてMac Book Proを新調。

その直後にこのお話をいただけて、買い替えて早々このMac代、ペイできちゃいました(笑)
悩むよりまず行動あるのみ!ですね!!

ちなみに引き続き副業として制作依頼を受け付けておりますので、
ご用命の際はこちらよりお問い合わせください!

Pocket

あなたにオススメの記事