有名観光地にバスで行けるロケーション! − ワーホリにカナダのトロントがおすすめの理由その3

Pocket

憧れの大都会ニューヨーク、世界三大瀑布ナイアガラの滝どちらも
トロントからならバスで行ける距離です。
たくさんの魅力的なスポットを、実際行ったときの写真も添えてご紹介します。

 

ニューヨーク(New York City)


自由の女神

LUKE’S LOBSTER(ルークス・ロブスター)のサンド。日本にもやってくると話題ですね!

Top Of The Rockから

タイムズスクエア

ブロードウェーでミュージカルを

エンパイアーステートビルから

カウントダウン直後のタイムズスクエア

世界一有名なクリスマスツリー

トロントからNYまで、バスで10~12時間程度、飛行機なら2時間程度と国内旅行感覚で行けます。
価格もバスなら往復$150~200程度、飛行機はだいたいその倍ぐらいです。

ちなみに、私がトロントをワーホリ先に選んだ理由の1つは、ニューヨークから近いというところです。
トロント滞在中に2回行きました♪

ナイアガラの滝(Niagara Falls)


カナダ滝と今はなき霧の乙女号
滝の向こう側はアメリカです

日が差せばほぼ100%の確率で虹が見られます

船に乗れば滝の目の前まで行けます

冬のナイアガラ

滝から飛ぶ水しぶきが全てを凍らせます

夏季は花火、冬には滝がライトアップされます

世界三大瀑布ナイアガラの滝へはトロントからバスで2時間程度で、日帰りで行ける距離です。
価格はシーズンによりますが、往復$30~40程度。

ちなみに私はナイアガラ好きすぎて1年間に3回も行きました(笑)

フレンチカナダ(ケベック、モントリオール、オタワ)


フェアモント・シャトーフロントナック
宿泊できるホテルです

ケベック・シティ
街全体が世界文化遺産です

教会巡りも楽しみ方の一つ

モントリオールのノートルダム大聖堂
本場フランスのものより美しいとの噂も

カナダ名物「プーティン」の本場。
カナダ一美味しいというお店のプーティン

ルイーズ・ブルジョワ「Maman」
カナダ国立美術館の前で。東京にも一体居ますね。

お城のような国会議事堂

1000アイランド。
ローレンス川に浮かぶ家やお城たち

French Canadaと呼ばれるカナダのフランス語圏への旅行は、
トロント発のバスツアーの中でも人気ツアーの一つです。

特に街全体が世界遺産でもある北米唯一の城塞都市ケベックシティは、
おとぎ話の世界に迷い込んだような街並みで、歩いているだけで楽しいです。

3~4日間かけてケベック、モントリオール、オタワ三都市を周るツアーが一般的。
オプションでセント・ローレンス川に浮かぶ1000の島(1000 islands)のクルーズもできます。

ケベックまではバスで10時間程度で、3泊4日でバス・ホテル・1日朝食付きで$250~300が相場です。

ワシントンD.C、シカゴ


シカゴ

ホワイトハウス

残念ながら時間とお金の都合で行くことができませんでしたが、
アメリカの首都ワシントンD.Cや、シカゴもトロントからバスで行ける距離です。

プリンスエドワード島


アンの家

自然が豊かでのんびりとした場所です

赤毛のアンゆかりの地プリンスエドワード島。作品のファン必見の場所です。
このプリンスエドワード島に行くことが目的で、留学先にトロントを選ぶ方も多いようです。

まとめ

自然遺産のナイアガラの滝、文化遺産のケベック、そして世界最大の大都市ニューヨークなど
トロントはさまざまなジャンルの場所へ気軽に行ける距離に位置しています。
バスツアーがホテル付きで$200〜$400と、安価に行けるところも魅力的ですね。
ワーホリで学校や仕事をしながら、週末に旅行を楽しむこともトロント留学の醍醐味の一つです。

飛行機を利用すれば、オーロラで有名なイエローナイフや
ロスやラスベガス、グランドキャニオンなどのアメリカの西海岸側に行くこともできますよ!

トロントがおすすめの理由はまだまだあります!よければ以下の記事も読んでみてください♪


Pocket

あなたにオススメの記事