世界最大級のゲイ・パレード(プライド・パレード)|カナダ トロント

Pocket

先日、アメリカの最高裁が同性婚を認めたことが世界的に大きな話題となりました。
LGBTという言葉自体あまり馴染みのない日本でも、シンボルであるレインボーカラーの写真をSNSなどでよく見かけたのではないでしょうか。

実はカナダのトロントがあるオンタリオ州は、
すでに10年以上前(2003年)に同性結婚を合法とする司法判断が下るなど、
LGBT施策において、北米で最も先駆的な都市なのです。

そんなトロントでは世界最大級のLGBTイベント「プライド・パレード(旧称:ゲイ・パレード)」が毎年行われています。

Pride Toronto logo

Pride Torontoとは

毎年6月の最終週にカナダのトロントで行われる世界最大規模のLGBTイベント。
LGBT の権利を訴えるだけではなく、HIV予防や、LGBTである事で暴力を受け亡くなった人たちへの追悼の意味も込められている。
プライド・パレードはこのイベントを締めくくる盛大なパレードで、トロントで最も大きなパレードの一つ。

LGBTプライドについて

LGBTとは

  • L … レズビアン(Lesbian)
  • G … ゲイ(Gay)
  • B … バイセクシャル(Bisexual)
  • T … トランスジェンダー(Transgender)
    ※トランスジェンダーとは、性同一性障害含む性別越境者の通称

の頭文字をとった、総称のことです。
近年ではセクシュアル・マイノリティの総称である「Queer」のQを足した「LGBTQ」という言葉も使われています。

プライド(Pride)とは

LGBTプライドにおける、「Pride」とは「Shame(羞恥)」の反対語を意味し、
LGBTのコミュニティー、思想などを総じて肯定する言葉として使われています。

レインボーフラッグについて


パレード参加者のように見えますが、友人です。

シンボルカラーとして使われているレインボーカラー。
LGBTのアイデンティティーや連帯の証として、パーソナルアイテムとして身につけたり、
広告に採用されたり、Pride Toronto期間中は街中がレインボーカラーに染まります。

ちなみにGoogleで「LGBT」と検索すると、検索結果画面がレインボーカラーになりますよー!

トロントのLGBT事情

私自身、そして身近に当事者が居たわけではないのでただの所感ですが、
日本よりははるかに理解があり、ごく一般的なことです。

欧米のカップルらしく、電車など公共の場でイチャつくこともしばしば。
でも特に誰も気にかける様子もなく、トロントの生活に溶け込んでいました。

プライド・パレードについて

日時

パレードはPride Torontoの最終日(6月最終週の日曜日)に行われます。
開始時間はだいたい午後2時。

場所

トロントのダウンタウンに位置する、トロント最大のゲイビレッジ「Church Street」からスタートし、
「Bloor Street」を南下して、「Dundas Square」まで向かうルート。

パレードの先頭から見る場合は、TTC 地下鉄の駅「Yonge & Bloor」駅で降りて歩けばいいかな。
中盤はYonge Unvercity線(イエローライン)のWellesley~Dundasの間の駅で降りればOK。

詳細のルートや、最新の情報は公式サイトをチェックしてください。

注意事項

この日は過激なパフォーマンス(男女問わず全裸など)をする方もいるので、お子様連れや苦手な方は要注意です。

プライド・パレードの様子

ワーホリに行っていた2013年のプライドパレードの様子です。


パレードが通る道は基本的に一般人立ち入り禁止ですが、
エリア外にも仮装した人たちが沢山いるので、一緒に記念撮影もできます。

ガチムチのイケメンから

セクシーなお姉さんも

子どもに人気のアニメキャラクターまで

オネエのキャラの濃さは、万国共通

レインボーカラーが鮮やか

6月に入ると寒さも和らぎ、ゲイパレードがトロントの夏の訪れの合図です

まとめ

パレードの日以外も、イベント期間中のチャーチストリートは大盛り上がり。
パンツ一丁で踊り狂う若者、尻丸出しのオッサン、ブーメランパンツでポールダンスするイケメンなど…。
カナダでのLGBT文化に触れるだけでなく、とっても楽しいイベントなので、
トロント生活で外せない行事の一つです!!

トロントでのワーホリがおすすめの理由の記事も書いてます♪
>>英語圏でワーホリ行くならカナダのトロントがおすすめの理由3つ

Pocket

あなたにオススメの記事

  • Shiori

    とっても詳しくて私も鮮明に思い出すことが出来ました。

    • Remi Mizuno

      どもです!