北海道大観音(北海道)

Pocket

北海道の芦別市にある日本で4番目に大きい「北海道大観音」を見てきました!
90m近いその姿は圧巻です!!

かつてホテルなどの施設が隣接するレジャースポットとして建設されたものの、
現在は廃業状態で、宗教施設のみ運営中(らしい)。

札幌から下道でも3時間ぐらいです。
※道中、田舎道はスピード違反のネズミ捕りスポットのようなので、お気をつけて…。

概要

巨像名 北海道大観音
ジャンル 廃墟系
体長 88m(日本第4位!)
感想
ロケーション
★★★★★
出オチ度
★★★
B級度
★★★★
収容施設 宗教法人天徳育成会 天徳院
住所 北海道芦別市旭町31番1

全体像


背景の小さな山が丘に見えるぐらい大きいです。
足元に見える電線と比較してもその高さが一目瞭然ですね。

ご尊顔


福耳…そして意外にも装飾などがよく出来てます。
それにしても額のホクロ大きすぎやしないかい?銃痕みたい。

感想・写真集


さすが80m超え、到着の数キロ前からすでに見えてきました。
民家などの比較対象があり、大きさが明確なので引きの絵の方が好きだったりします。

橋の上から見た五重の塔と観音様。
ちなみにこの塔はかつてホテルで、日本庭園やギリシャの神殿をデザインした大浴場があるとか…。

観音様と2ショット。

 

 

ちなみに撮影日、いつだと思います?5月2日の土曜日。
しかもGW真っただ中にも関わらず、人っ子一人おりません。
施設内だけでなく駐車場の車も近隣を歩く人すら見当たりません。

 

観音様のもとへ行くには周りを木々で囲まれた閉鎖的な道を通らねばならず、
昼間とは言え、女2人組にとってはとても怖い…。

 

 


レンガで封鎖された受付と「観音様の中に入れます」の文字…。

 


胎内めぐりのフォントが禍々しい…。

 

 

近づくにつれ巨大観音への恐怖と同時に、
幼少の頃から姉に言い聞かされてきたある言葉が頭によぎります。

 

 

 

「人気のない場所を歩くときは常に危険予知をしなさい。」

「そして常に避難経路の確保と、万事の際のシュミレーションをしながら歩きなさい。」

 

 

 

 

 

 

!!

 

 

 

日本最北端の地、山奥、助けを呼べるものは周りになにもない

超ド級に脚が遅い私は100%捕まる…!!

 

 

 

絶対に逃げられない!!

 

 

 

観音様の巨大さでも、宗教的な怖さでもなく、
あまりにも閑散とした雰囲気に幼いころから培われた危険予測アンテナが振りきれてしまい、
これ以上観音様に近づくことを諦めました。
何度シュミレーションしても、異国の地に拉致されるバッドエンドだったからです。

恐怖のあまり断念するのは、石川県にある「ユートピア加賀の郷」の
誰もいない鏡張りの密室に仏像が数百体並べられていた時以来です(ちなみにこの時もGW)。

 


塀の中の風景。中に入ってからの道のりも長そう…。

まとめ

80m超えの巨像にしては、造りも綺麗で良い観音様でした。
まだまだ見所もあっただろうに、恐怖に負けて断念してしまったことが心残りでなりません…。

次回は大人数で行きたいと思います!同行者求む!

おまけ:芦別名物「ガタタンラーメン」

ちなみに観音様から3分ほどの距離に位置する道の駅内のレストラン「ラ・フルール」は、芦別名物ガタタンラーメンの有名店です。

「ガタタン」とは海鮮や山菜など具だくさんのとろみのあるスープを使った料理のことです。

 

窓際の席に座れば、観音様を拝みながらガタタンラーメンを味わうこともできますよ♪

北海道大観音

所在地:〒075-0036 北海道芦別市旭町31番1
公式サイト

Pocket

あなたにオススメの記事