成田山 救世慈母大観音(福岡県)

Pocket

福岡県にある大観音様を見に行ってきました!
巨像だけじゃなく、B級スポット好きにもオススメの見所満点の施設です!

概要

巨像名 救世慈母大観音
ジャンル 複合施設系
体長 62m(日本第7位!)
感想
ロケーション
★★★
出オチ度
★★
B級度
★★★★
収容施設 大本山 成田山 久留米分院
住所 福岡県久留米市上津町1386−22

全体像


雲と同化するほど大きい、そして白い。胸元に赤子の像を抱えています。

ご尊顔


最上階には展望窓があります。
観音様の胎内にエレベーターはなく、階段で上らなければなりませんが、
上ったからと言ってこれと言った感動はありません(笑)
展望窓が小さすぎて外はほとんど見えませんでした…。

感想・写真集


すぐ隣には「インド村・平和大仏塔極楽殿」というインド風の建物が。

中には金ピカの大仏様がいらっしゃいます(撮影禁止)。

地獄館・極楽館

実は観音様の裏手側には、成田山の施設の1つ「地獄館・極楽館」への入り口があります。
そこには地獄と極楽(主に地獄)を人形を用いて表現した展示物があり、
ありとあらゆる罪人を裁くための、ありとあらゆる拷問が紹介されています。

バラバラの人間や、今まさに胴体を切断されているシーンなど、
そこまでする必要ある?ってぐらいグロいです。お化け屋敷の比じゃないぐらい。
怖すぎてほとんど目をつぶっていたので、正直あまり覚えていない…。
外の世界から遮断された地下室、さらに観音様の中というのが更に恐怖を誘います。

撮影禁止だった(そもそもグロすぎて撮る気になれなかった)ので、写真はないのですが、
なんと住職さんに許可をもらって撮影された方の記事を発見しました!


参考記事:成田山久留米分院にある救世慈母大観音像と地獄道(九州大図鑑)
※記事の中腹に地獄館について書かれています。

まとめ

地獄館・極楽館を抜けると、キラキラとしたタイル状の鉱物を貼り合わせて作られた
デコ西郷隆盛やデコ大久保利通など、偉人達のデコ像が展示されていました。

その頃にはなぜ西郷隆盛…などと疑問を抱く気力すら残っていない。
入館料は500円かかりますが、ワンコインで生気奪われるぐらい時間を潰せるなんて
ある意味コストパフォーマンスの高い施設ですね!

救世慈母大観音

所在地:〒830-0052 福岡県久留米市上津町1386−22
TEL:0942-21-7500
公式サイト

Pocket

あなたにオススメの記事