スミニャックの4つ星ヴィラ「The Club Villas(ザ クラブ ヴィラズ)」|バリ島女子旅

Pocket

バリ島のスミニャック地区にある4つ星ヴィラ「The Club Villas(ザ クラブ ヴィラズ)」に3泊してきました!
天蓋やプールなど女子がキュンキュンするポイントたっぷりのおすすめヴィラです。

 

ホテル・ヴィラ探しにおすすめのスミニャック地区

高級ホテルが立ち並ぶヌサドゥア地区はお店が少なく繁華街も遠いので少し不便。
バリの中心街クタ・レギャン地区は便利だけど、リゾート感のあるホテルが少ない(実際にタクシーから何件かホテルを見かけたけど、日本のラ●ホテルみたいなシティホテルばかりでした)
という情報を事前に旅行会社から仕入れていたので、繁華街からも近く、オシャレなお店やレストランが多く、かつビーチもあるスミニャック・クロボカン地区で宿泊先を探すことにしました。

結果、大正解!
歩いてすぐの距離にオシャレなレストランもカフェもあるし、コンビニやスーパー、服・雑貨屋さんも複数あり、海までも徒歩圏でとっても便利。
ヴィラの目の前が繁華街だから、夜も心配なく過ごせました。


たくさんの素敵なレストランやお店がホテルの目の前に!

スミニャックビーチまでも歩いてすぐ!

ヴィラとホテルの違い

簡単に言うと、ホテルはご存知のとおり「1つの大きな建物の中にたくさんの部屋がある宿泊施設」のことで、
ヴィラは「一棟一棟が別々の建物」になっている宿泊施設のことです。

ヴィラには各棟にプールやキッチンが付いていることが多く、1棟ずつ敷地も分かれているので、よりプライベートな時間を過ごすことができます。
ただし高層階に部屋があるホテルと違い、地上から近い場所に寝室があるので、虫やヤモリなどと遭遇する率も高いみたいです(私は大丈夫でした)。

女子の憧れ!天蓋のあるヴィラをさがして…

ヴィラ選定の必須条件として、女子の憧れ天蓋があって、リラックスできる2ベッドの部屋を探しました。
が、バリ島はハネムーンで人気が高いせいか、ツインかつ2人向けの部屋を見つけるのに苦労しました…。

そして2ベッドルームで、天蓋のあるこのThe Club Villas(ザ・クラブヴィラズ)を見つけました。
さらにツインじゃなく、1人1部屋、キングベッドの超贅沢…!


2階のベッドルームをパノラマ撮影

まるで2階建ての一軒家のようなヴィラ

2階建てで各階にベッドルーム・バスルームがあるので、2家族でも余裕で泊まれる広さです。
もちろん両方のバスルームに大きなバスタブ付き♡


1階のバスルーム
バスタブとは別に、プールから直通のシャワーもあります

2階のバスルーム

ちなみにどちらもバスルームには屋根がありません(笑)
虫の心配があったけど全くと言っていいほど遭遇しなかったし、露天風呂みたいに開放感があって、個人的には気に入っていました♪

プライベートプールでセレブ感♡

観光メインだったのと、涼しかったのでほとんど入ることができなかったプール。
でもライトアップされた水面やプールサイドのベッドがセレブ感を演出してくれました♡


昼はトロピカルジュースと

夜はビンタンビールで

毎朝好きな朝食を部屋まで持ってきてくれる♡

前日の夜までにメニューの中から朝食とドリンクを選んでおくと、翌朝指定の時間に部屋まで持ってきてくれます。
ビュッフェみたいに朝早く着替える必要もないし、すっぴんでも恥ずかしくないし、ゆっくりと朝食の時間を過ごせてとーってもよかった!

エッグベネディクトやパンケーキなど女子が好きなメニューから、インドネシア料理のナシゴレンやミーゴレンなども選べました。
バリコーヒーやフレッシュジュースもあって、毎日選ぶのが楽しみだった!
ちなみに味はフツー(笑)


バトラーさんにテーブルセッティングから片付けまで全部おまかせ♡

バスローブでリラックスしながら朝食を

敷地内はリゾート感たっぷり


南国の木々が街中ということを忘れさせてくれます

入り口は大通りに面しておりとても便利な立地でありながら、繁華街から遠ざかるようにヴィラが並んでいるので、ヴィラの中はとっても静か!
都会の隠れ家的なロケーションで便利さとプライベートを両立した立地です。


ウッド調のステキなロビー

玄関に大仏のオブジェがある棟も…!

マイナスポイント

総合的に満足ですが、ちょっとだけ気になったポイントをご紹介します。

ドアと鍵の立て付けが悪い
カギの開け閉めに毎度苦労しました…。
まあでも立て付けの悪さは海外旅行でよくあることなので、予想の範疇かな。
日本語スタッフがいない
私はむしろ「英語の練習がしたい~」ってぐらいだったのでウェルカムでしたが、朝食メニューなどもすべて英語なので、日本語必須の方は難しいかもしれません。
ちなみにバリは近隣国のオーストラリアやニュージーランドからの観光客が多いので、観光地は英語ばっちり通じます。
お風呂だけじゃなく、鏡台もトイレも屋外
野外のバスルームは開放感があってよかったのですが、さすがに夜のトイレや化粧するための鏡台も外なのは抵抗感がありました(笑)
更に夜は外が真っ暗で怖かったので、シャワーは朝浴びていました。

まとめ

日本人スタッフがいないことをマイナスポイントとして挙げましたが、
=日本語の表記も日本人観光客も少ないので、海外感を味わいたい方にはピッタリです。

高級ホテルは世界中にあるので、バリ島に行くならホテルよりもヴィラへの宿泊をおすすめします!!
ちなみにエクスペディアのセールで一泊一部屋 18,000円(朝食付き)で泊まれました!格安!

 

The Club Villas(ザ クラブ ヴィラズ)

住所:Jalan Laksamana, Seminyak, Badung, Bali 80361 インドネシア
電話番号:+62 361 736260
アクセス:ングラ・ライ空港(デンパサール)から、空港タクシーでRp.15,000
公式サイト:The Club Villas

Pocket

あなたにオススメの記事