ングラ・ライ空港からバリ市街までの移動方法|バリ島女子旅

Pocket

個人旅行で最初の難関が空港からホテル・市街までの移動ですよね!
ングラ・ライ(デンパサール)空港からバリ市街へは格安で安全に移動できる方法があるので、空港送迎車など割高なパッケージを申し込む必要はありません。

 

おすすめの移動方法は空港タクシー

空港タクシーは、ホテルや地域によって定額制で、さらに前払いなので、海外でのタクシートラブルでありがちな「メーターがない!」「遠回りして不当に高い料金になった!」などという心配がありません。

さらにタクシーの相場は、初乗り(約Rp.5,000)で比較すると日本の約10分の1と超破格です。

チケットの購入は専用カウンターで

出口を出たらすぐ、「TAXI」の看板を追って、空港タクシーのカウンターへ向かいます。

カウンターの前には価格表があるので、あらかじめ行き先と価格を確認しておきます。
定額をカウンターで支払うシステムなので、ドライバーに直接払う必要も追加料金もかかりません。


2015年8月に撮影した価格表

TAXIカウンター待ちの列に並んでいると、横から「タクシー?」と声をかけてきたり、空港タクシーより安い価格で交渉してくる人達もいますが、無視するのが無難でしょう。

タクシー乗り場がわかりづらいので注意!

飛行機が到着した直後の出口付近は多くの人でごった返し、荷物持ちでチップを稼ぐ人や、タクシーの客引きなどたくさんの人に話しかけられます。

タクシーの運転手らしき人に声をかけられますが、客引きとの区別がつかず困りました。

結局話しかけてきた1人が空港タクシーだ、というので信じて乗りましたが、乗車中は終始不安いっぱいでした。
無事ホテルに辿りつけたし、料金も請求されなかったのでちゃんと空港タクシーに乗れたんだと思います(笑)

似たような服装の人が多いのであまり参考にはなりませんが、空港タクシーの運転手さんは濃い水色のアロハのような制服を着ていました。

おまけ:バリ島で安全にタクシーに乗るなら、
「Blue Bird Taxi(ブルーバードタクシー)」がおすすめ

バリ市街などで自分でタクシーを捕まえるときは、青い鳥のマークの「Blue Bird Taxi(ブルーバードタクシー)」がおすすめです!
ホテルやレストランから呼んで貰うときも、ブルーバード指名でお願いしていました。

しかし、その人気にあやかるためか、ブルーバードに類似した青色のタクシーもよく見かけたので、気をつけましょう!
Blue Bird Group公式サイトにブルーバードタクシーの特徴がまとめられていたので、事前のチェックをおすすめします!

公式サイトのキャプチャ
Pocket

あなたにオススメの記事